もやもなあしあと

2019年11月にスタートした、詩作家・古屋利幸の公式ブログです。更新は、ほぼ隔週水曜日(^^♪ 。オフィシャルサイトでは、隔週刊詩も発信中。

未来の自分に伝えたいことは?

来年の自分に? 3年後の自分に? 5年後の、10年後の自分に? 今の自分から言葉を伝えるとしたら、あなたは、どんな言葉を伝えますか。 3年前。5年前。10年前の自分を思い返すと、今が不思議です。うれしい出来事。つらい事柄。人には話せない眠れぬ夜。さま…

居場所を探して。

この世界で確かなものがあるとしたら。それは「すべては変わる」ということ。人のこころも。体も。街の景色も。深山も大海も。同じように見えていても、目を凝らすと、変化し続けている。その軌跡は、先へ先へと伸びる。 この惑星も。太陽系も。猛スピードで…

ピース或いはよわねこ喜譚

なんのこっちゃのタイトルですが、コトバ相手の戯れと、眉間のシワを緩めつつ、耳かきなんぞしたりして、「このご時世じゃ、遊び一つも難儀する。どれ、暇つぶしに、こやつの物言いでも眺めてみるか」ってなご心境で、「寛大」を手に、お読みいただけました…

私は「あなた」でできている。

何事も思い通りにならぬ不満と、明日をも知れぬ命への不安が、人を苦しめるのだと知り、なるほど、数多ある憂いのアレコレは、その二つに帰結するのだと合点し、なんだか心の荷が軽くなった気がした。 とはいえ、目の前に、生々しくも恨めしい日々の生活が横…

世界は「サイン」に満ちている。

「もしも・・・」の話です。もしも、風にコトバがあったなら、今日、あなたが受けた風は、あなたにどんなコトバをかけていたと思いますか。もしも、鳥のコトバが聞こえたら、並木道で耳にしたさえずりは、何を話していたと思いますか。もしも、水にコトバが…

あなたは「ジブン」を信じていますか。

「幸せですか」という問いに、あなたはどう答えるでしょう。こころの変換キーを1度押すと、その問いは、「あなたは“ジブン”を信じていますか」に姿を変えます。迷うことなく、「はい! 信じています」と答えられる人は、どれほどいるでしょう。かくいう僕は…

「ゆっくり」ただそれだけで。

技術革新による時短で得た「ゆとり」は、どこに消えてしまったのでしょう。効率化、合理化、あるいは省力化。それらの恩恵で手にしたはずの「時間」は、何に化けてしまったのでしょう。身体をつくる食事の時間すら、後回しになるほど忙しく働きながら、何を…

「共感」よりも「共有」を。

喜びと不安のやじろべえ的毎日を過ごす僕ですが、それでも、ようやく、牛歩の歩ながら、物事が分かりはじめている気がします。たとえば、今回のタイトル。ただ今のところ、これが素直な僕の実感です。「共感」は、やはり、容易くはできません。世の「正論」…

涙と笑い。その順番で。

世は空前のポジティブ思考ブーム。本屋さんの平積みも、新聞&ネットの出版案内も、ポジポジポジポジの大行進。根っからの意気地なしのせいか、目にもまばゆく、思わず「はは~」と頭を下げてしまいます。おそるおそるの私見ですが、やっぱりはじめに「涙」…

おわりのはじまり。

オフィシャルサイト内のブログではじまり、登録制のメルマガを経て、改めましてのスタートと、相成りました。日々の徒然をゆるゆる記す、世間ハズレのブログです。日常のあれやこれやの追っ手から、ひととき逃れ、陽だまりの縁側で、ぼ~っと庭を眺めるよう…