もやもなあしあと

2019年11月にスタートした、詩作家・古屋利幸の公式ブログです。更新は、ほぼ隔週水曜日(^^♪ 。オフィシャルサイトでは、隔週刊詩も発信中。

涙と笑い。その順番で。

世は空前のポジティブ思考ブーム。本屋さんの平積みも、新聞&ネットの出版案内も、ポジポジポジポジの大行進。根っからの意気地なしのせいか、目にもまばゆく、思わず「はは~」と頭を下げてしまいます。おそるおそるの私見ですが、やっぱりはじめに「涙」ありき、と思うのです。「悲喜交々(こもごも)」に、「泣き笑い」ってな言葉も、あるじゃあないですか。悲しみを越えた先にこそ、本当の喜びがあるのでは・・・などと思うのですが、いかがでしょう。

 

見えない明日への不安、破産を極みにした生活への不安、思い通りにならない不満。逃げても逃げても追ってくる、ネガネガネガネガの大行進。ある時、思い切って立ち止まり、不安と不満を大放出し、「あ~、もう! 焼くなり、煮るなり、好きにしろっ!」などと開き直ってみると・・うん、これが案外、ショック療法というものでしょうか。ネガの峠をなんだか越えた気分になりました。

 

世の中を見渡せば、ポジポジポジポジの大行進ばかりが目に付くけれど、ひとも羨むあの方も、悠々暮らすあのひとも、ネガネガネガネガに追いかけられている模様。不老不死すら、かなってしまえば虚しいもの。何を手にしても、不安や不満は形を変えて消えぬもの、と知ると、足元のささやかな一歩に、感謝が湧くのです。涙のあとにこそ、本物の笑いがある。たっぷり泣いて、大笑いしましょう。ではまた次回に(^^♪////////

 

<NEWSあれこれ>

12月20日(金):南麻布で「ココロミ発表会 Vol.2」に出演。

12月31日(火):国技館にて、さだまさしさんのカウントダウンコンサートを取材。

1月25日(土)  :神楽坂で「ポエムバー in 六角堂」開店!

こころを解き放つ、非日常をご一緒に! 詳しくは、↓オフィシャルサイトで。

あなたとの出会いを楽しみに、精進致しますっ! ハイ(^^♪

ホーム - 詩作家 古屋利幸のオフィシャルサイト

f:id:moyamocat99:20191211001816j:plain

よわねこギャラリー02/あなたへのメッセージ