もやもなあしあと

2019年11月にスタートした、詩作家・古屋利幸の公式ブログです。更新は、ほぼ隔週水曜日(^^♪ 。オフィシャルサイトでは、隔週刊詩も発信中。

「共感」よりも「共有」を。

喜びと不安のやじろべえ的毎日を過ごす僕ですが、それでも、ようやく、牛歩の歩ながら、物事が分かりはじめている気がします。たとえば、今回のタイトル。ただ今のところ、これが素直な僕の実感です。「共感」は、やはり、容易くはできません。世の「正論」や、「多数意見」ほど、危ういものはないし、「誰かの気づき」に感動したときですら、その考えも、微妙に私見とは違っていることが、しばしばあります。

 

そんなとき、以前は、がっかりしていました。同志が見つからない現実を前に、孤独を深めていました。けれど、今は違います。その人の姿勢や考えを素直に受け入れる自分がいます。主張や手法、思考や行動に違いがあろうとも、同じ方角に歩を進めている人と、出会い、時間を共有できることに、喜びと感謝を覚えるからです。

 

志を手にしている人ほど、「共感」を追い求め、思い通りにいかぬ反応に、気落ちしがちなのかもしれません。人の数だけ、物語があります。道順も、違います。反応にへこたれず、信じることを発信し続ける。意見の相違があれば、相手の声に耳を傾け、会話を続ける。

 

そのようにして重ねた時間の「共有」こそが、相互理解を深め、かけがえのない関係を作っていくのだと思います。身近な人間関係から外交に至るまで、共通するのではないでしょうか。「共感」ではなく、「共有」を。来る新年を、その実践の日々とすることをお誓いして。ではまた次回(^^♪/////////////

 

<NEWSあれこれ>

12月31日(火):国技館にて、さだまさしさんのカウントダウンコンサートを取材。

01月01日(水):NHK「年の初めはさだまさし」を取材(掲載:まさしんぐWOLRD)

01月25日(土):神楽坂にて「ポエムバー in 六角堂」開店!

こころを解き放つ時間を「共有」しませんか~(^^♪///

詳しくは、↓オフィシャルサイトで。

あなたとのご縁を楽しみに、精進致しまするぅぅぅ~~m(_ _)m

ホーム - 詩作家 古屋利幸のオフィシャルサイト

 

f:id:moyamocat99:20191225171259j:plain

よわねこギャラリー03/あなたへのメッセージ